MENU

Equipment

Kitchen

家族が自然と集まるオープンなキッチンスペースだから、
みんなとの会話が自然と弾み、料理がもっと楽しくなります。
広めに確保した作業スペース、考えられた動線で料理の効率がアップ。
デザイン性はもちろん、家事が楽になる高い機能性も取り揃えています。

Utility Sinkユーティリティシンク 「洗う」+「調理する」+「片付ける」。シンクは新しいスタイルに進化する。

使い勝手のよいワイドシンクであることはもちろん、ワークトップスペース・アシストスペース・ミドルスペースの特徴の違う3層の立体的なシンクで「洗う」+「調理する」+「片付ける」スペースを同時に展開できます。プレートは蛇口の真下、シンクの上に置けるので洗った野菜の水切りや魚介類の下ごしらえなど、水を流しながらの作業が快適に行えます。また、プレートを使わないときはシンク端に重ねてまとめることが可能です。シンク端には便利な洗剤置きをご用意しました。

ガラストップコンロ

スタイリッシュなガラストップコンロを標準装備。水をはらずに一度に両面を焼けるグリルは、調理時間を短縮してくれます。トップはガラス素材のため、日頃のお手入れも簡単です。

  • トッププレート表面の温度上昇を低減

    新製品では温度の高い赤色の面積が狭くなっています。
    ※直径28㎝の鍋を強火で約30分調理(メーカー調べ)

    ゴトクを高くすることで、鍋底からトッププレートまでの距離を大きくし、ふく射熱の影響を加え、従来よりも最大約45℃低減。吹きこぼれや、油はねなどの焦げつきを最小限にとどめます。

  • ダブル高火力&ダブルトロ火で調理の幅が広がります

    左右どちらのバーナーでも高火力からトロ火まで使いたい火力が使えます。温度調節機能も左右バーナーに搭載。140°Cから200°Cまでの温度調節機能を使い揚げものや焼き物が便利に手早く調理できます。

  • 取り出しやすく、使い勝手とお手入れ性向上

    従来品からグリルの引き出し幅を約15%伸ばしました。調理物の取り出しもよりスムーズになりました。焼網の脚をなくしてシンプルな形状のフラット焼網を採用しました。サッと出し入れできて、手軽に洗えます。

※掲載の写真は設計変更・オプション等を含んだマンションギャラリーを撮影し、一部CG加工を加えたものでイメージです。また、高さ・仕様・形状等は実際とは異なります。 (一部メーカー提供参考写真・CG・イラストを使用)

Plan間取り

マンションギャラリー好評公開中 
【来場予約受付中】

Bathroomバスルーム